長崎で趣とこだわりがあるデザイン住宅はスマイフルホームへ

スマイフルホーム|Works

作品・インタビュー

お客様の声

 草野くんとは小学校からの幼なじみ。家も近くて、毎日一緒に登下校していた仲でした。そんな縁もさることながら、「家を建てるなら木を使いたい」と思っていたのでスマイフルホームさんにお願いをしました。実はいろいろ住宅メーカーを見て回ったんです。だけど、なかなか自分たちのしたいようにはできなくて。その点、こちらの思いを伝えやすいし、それを家づくりに必ず反映しようと考えてくれて。リビングの一面に木を使ってもらったのも草野くんからの提案です。

 うれしいのは子どもたちの変化。前はアパートの2階に暮らしていたこともあり、もっとおとなしかったんですけど、今では家の中を自由に走り回ったり、階段に座って仲良く絵本を読んでいたり。はだしが気持ちいいのか、うちの子たちは靴下をはきません。はかせてもポイって脱いじゃうんです。

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅のリビング

●諫早市 Мさん

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅のLDK

 結婚して2年後、すぐに中古の一軒家を購入。だけど冬はびっくりするぐらい寒いし、夏はエアコンが効かないほど暑くて。休みの日なのに「家でゆっくりしたくない(笑)」と思うほどでした。電気代もバカにならないし。ちゃんと生活を整えようと夫婦で話し合った結果、家の骨組みを残してリフォームしようということに。

 どこにお願いしようか探しているときに、スマイフルホームさんのホームページを発見。私は直感ですぐ動くタイプなんですが、「ビビッ」と来るものがあって。草野さんと話すうちに「本当は新築がいいんですけどね」と本音がぽろり。ネックになっていた家のローン問題も、草野さんのがんばりのおかげで許可が下りて新築に方向転換。前の家を知っているからこそ、今の家の住み心地のよさがわかります。子どもたちも「快適!」と喜んでます。

●諫早市 Kさん

 アパート暮らしのときは制限が多くて。21時を過ぎたらご近所迷惑になるから「騒いじゃダメ」って、子どもたちに言い聞かせていました。夫は夜勤もある仕事なんですが、今のお家なら遅くに帰って来てからも楽しそうに遊べるからうれしいみたいです。夜ごはんを食べた後は「ころころタイム」。じゃんけんで勝ったほうが床でごろごろできるというものなんですけど、スマイフルホームさんの無垢の床だからこそできる、わが家恒例の遊びです。

 お家の雰囲気は私の好み全開に。以前から集めていたムーミン雑貨など、北欧の雑貨が似合うように白をベースにしてもらいました。どこに飾っても絵になって。このお家に似合うもの探しがますます楽しくなりました。

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅のリビング

●諫早市 Nさん

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅のインテリア

●雲仙市 Nさん

 見た目の雰囲気がいいのはもちろん、家の構造や断熱などの性能の良さにひかれました。アパート暮らしのときはクーラーをつけっぱなしにしないと暑くて。だけど今のお家では、リビングのエアコンを1つつけて扇風機を回せば部屋全体が涼しいんです。光熱費が半分くらいになって、お財布にもやさしくて助かってます。

 あといい思い出になったのが引き渡しのセレモニー。玄関の前にレッドカーペットを敷いて、テープカット&家族みんなで写真撮影。初めてのことで緊張しましたが、草野さんから「今日はおめでとうございます。これからも長い付き合いになると思いますが、よろしくお願いします」という言葉をかけてもらい、このお家で暮らしていくんだな~という実感がわきました。

●諫早市 Yさん

 スマイフルホームさんが建てたサーファーズハウスを初めて見たとき「かっこいい」と興奮。奥さんも男前なインテリアとか雰囲気が好きなんで、すぐに意見が合いました。床の色も選べるから、家の雰囲気に合わせて一番ダークな色味をチョイス。壁紙とか建具の色にもとことんこだわって、自分たち好みの世界がつくれました。納得いくまでイメージのすり合わせができたし、草野さんも自由に遊ばせてくれて。「コンセントも棚も、つけ放題!」って太っ腹すぎでしょ!

 あと単純に、草野さんがかっこいい!服もいつもおしゃれだし、髪型もキマッてるし。いつもノリがいいし。「そりゃ、かっこいい家建てるよな」って。いつか自分の遊び場として使える小屋を建てるのが夢なんで、そのときはよろしくお願いします!

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅の内装
諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅の美容室

●諫早市 Nさん

 いつか自宅で美容室を開きたいと思っていたので、家を建てるタイミングで夢をカタチにしてもらいました。外壁に使う花ブロックを、シャンプー台の目隠しにしたり、車いすでも入れるように広めの扉を特注してつけてもらったり。お客さんからも「かわいい」と評判です。自宅で仕事ができるから、子どもと一緒に過ごせる時間が少しでも増えるといいなと思います。

 自宅の方もお店と同じで白をメインにして明るく。配管をむき出しにしたり、アメリカンスイッチを取り付けてもらったりしながら、かっこいい感じに仕上げてもらいました。家族みんながリビングに集まって、一緒に過ごせるのは子どもがまだ小さいうちの特権!この幸せな時間を楽しみたいと思います。また髪切りに来てね!

●雲仙市 Yさん

 子どもが生まれたのをきっかけに地元に帰郷。最初は実家に子どもをあずけて、仕事終わりにお迎えに行っていたんですけどなかなか大変で。家を建てるタイミングで両親と一緒に暮らすことにしました。育児や家事もラクになったし、料理も母と一緒にするので品数も増えたし。子どもにとってもいい環境で家族みんな快適に暮らせています。

 それも、スマイフルホームさんがかっこいいお家を建ててくれたからこそ。お互いが気兼ねなく過ごせるように、レイアウトの工夫でプライバシーを確保してもらったり。収納もたくさんあるからお家の中がすっきりと片付きます。今までは休みの日は出かけることが多かったんですけど、お家でのんびりする時間の方が好きに。近くの海で貝がらや流木を拾って子どもと一緒に工作したり、それをお家の中に飾ったり。住む家によって暮らし方って変わるんですね。本当にありがとうございました。

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅の無垢の家
諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅のスキップフロア

 実は違うハウスメーカーさんと建てる寸前まで話が進んでいたんです。でもいつも「そうじゃないんだけどな」と違和感。何度も打ち合わせをして画像や写真を見せているのに、なかなかイメージが共有できなくて。何気なく見ていたインスタでスマイフルホームさんを知って、話を聞きに行ったんです。そしたら「話がすごい通じる!」って感動して。もともと30歳までに家を建てるのが夢で、ずっと調べていたので理想を追求してもらいました。草野さんも「やるならとことん」というアツイ性格なので、打ち合わせも楽しかったです。

 最後まで悩んだのが外観。お家の中はスマイフルホームさんが提唱しているOliveのかわいらしい感じ。でもHolidaysのカバードポーチもすてき…。ってことで2つをミックスしてもらいました。もうお家の中、全部がお気に入りすぎです。

●諫早市 Tさん

 土地を見つけて、あとは工務店を決めるだけ!でもそれがなかなかうまくいかず。行きつけの美容師さんが建てたスマイフルホームさんのサーファーズハウスを見て、絶対にココしかないと。僕たち2人の出会いのきっかけがダイビングだったこともあり、「海」を感じられる家をリクエストしました。スケルトン階段がかっこいいリビングには趣味のサーフボードを飾って、カバードポーチにはハンモックをつるして。「サーフィンから帰ってきて、ハンモックでビールを飲む」って最高じゃないですか!うちが建つのは住宅地なので近くに海なんてないんですけど、目を閉じたら海を感じるから不思議です。

 うちの子どももカバードポーチでBBQしながら「楽しい~♪」とゴキゲン。前は人見知りしてたのに、この家に住みはじめてから「こんにちは」と道行く人にあいさつするようになりました。性格まで変えちゃうスマイフルホームさんの家、やっぱすごい!

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅のサーファーズハウス

●長崎市 Uさん

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅の無垢フロア

●雲仙市 Kさん

 家のかわいさはもちろん、性能がすごいんです。断熱がしっかりしているから、冷暖房の効きがいい!熱さ、寒さに対するストレスを感じることなく過ごせています。さらに窓はトリプルガラス。しかもプラス料金なしの標準仕様。試しに夏に窓をさわってみたんですけど、ぜんぜん熱くなくて。無垢の床は冬でもヒヤッとした感じがせず、子どもたちも「あったかい~」とゴキゲンです。

 僕の好みはどちらかというと、コンクリート打ちっぱなしみたいな「かっこいい」感じ。だけど話すうちにだんだんと洗脳されて(笑)、草野さん好みの「かわいい」感じが好きになりました。友だち感覚で話せるのがいいですね。

 家づくりで必ずついて回るお金の問題。頭金はどれくらい必要なのか、いくらまで住宅ローンを組めるか。かかる金額が大きすぎるため、「私たちにはムリよね~」とずっと諦めていました。そんな時にたまたま目にしたスマイフルホームさんの完成見学会のチラシ。「見るだけ」のつもりでしたが、草野さんとお話するうちに「自分たちでも建てることができるのでは」と思うように。

 というのも、気になるお金の流れについて丁寧に、わかりやすく説明してくださったのはもちろん、私たちの家族の将来のことを真剣に考えてくださっているのが伝わってきたからです。土地も見つけてくださり、地主さんや不動産屋さんとの交渉まで!草野さんとの出会いなしでは、今の幸せな暮らしは考えられません。

 本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。また一緒に飲みましょう!

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅の無垢カウンター

●雲仙市 Мさん

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅の家族写真

●長崎市 Oさん

 標準仕様の充実っぷりがすごいんです。大手の住宅メーカーにも見学へ行ったりしたので、そのすごさがわかります。あこがれのウッドワンのキッチン、かわいいステンドグラスなど数えたらきりがありません。そしてスマイフルホームさんの代名詞である無垢の床。はじめは床暖房を希望の1つに挙げていたんですが、だんだん「必要ないね」って思うようになりました。だって、素足で歩いてもヒヤッとしないんです。断熱もしっかりしているから、光熱費もぐっと抑えることができています。

 あと顔に似合わず(笑)、草野さんはかわいいもの好きで趣味が合うんです。「コレ、かわいくないっすか」と提案力もすごい!

●諫早市 Tさん

 3年ぐらいずっと土地を探していて、でも見つからなくて。「もう家を建てるのムリじゃない?」って諦めかけていました。そんなときに出会ったスマイフルホームの草野さん。年齢が近いから「いい」と思うものが感覚的に合うし、何でも話しやすい「兄ちゃん」みたいな雰囲気で。ばりばり森山弁なところも、気取ってなくて最高です。土地もばっちり見つけてくれました。

 僕は美容師をしているんですけど、家づくりがご縁でお店のリノベもお願いしました。自宅と同じ花ブロックをたくさん使ってもらって、かっこよく仕上がりました。家もお店も、草野さんワールド全開です!

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅のラップサイディング
諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅の家族写真

●島原市 Nさん

 スマイフルホームさんがすごいのは、家がかっこいいだけじゃない!家事動線もしっかり考えてられています。共働きのわが家、帰宅するのは18時すぎ。少しでも家事がはかどるように、キッチンを中心とした間取りにしてもらいました。料理をしながらでも、リビングで遊ぶ子どもたちの様子が目に入るから安心です。

 子どもたちにもこの家の快適さがわかるのか、家の中をぐるぐる走り回っていつも楽しそう。アパート暮らしのときは、1日ずっと子どもと過ごすのは大変でした。「大声ださないで」「静かにして」と周りにも気を遣いますしね。だけど今はその心配なし。カバードポーチでBBQをしたり、芝生に大きなプールを広げたり。おうちで過ごす時間が楽しくて、家中に笑いが増えました。

●大村市 Kさん

 勤務先の同僚がスマイフルホームさんで家を建てているのを見てひとめぼれ。ちょうど完成見学会が開催されるとのことで見に行きました。家の雰囲気が好みで「ここにお願いする」と8割方決めていたんですけど、草野さんと話した感じがもう好印象しかなくて。家を売りたいがための営業トーク感がなく、正直でウソがない。信頼できる人だなというのが決め手になりました。

 その印象は今も変わりません。ドアの開閉具合とか気になるところがあれば修理に来てくれるし、定期点検などアフターフォローもしっかり。子どもたちも「草野さ~ん」と来てくれるのが楽しみみたいです。

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅のキッチン
諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅の外観

●諫早市 Sさん

 インスタで家の画像をいろいろと見ていたら、好みの家の投稿を見つけて。それがスマイフルホームさんが建てた家だったんです。「諫早にこんなおしゃれな工務店があんの!」とビックリして、その日のうちに「資料ください」って電話して取りに行きました。

 だけど家を建てるにあたって問題がひとつ。自分たちでも「ここに家建つと?」って思うくらい土地がいびつだったんです。そのデメリットも間取りを工夫してくれたおかげで、ずばっと解決。アイデアに脱帽です。

 以前住んでいたアパートは雨の日ともなれば湿気がものすごくて。洗濯物が全然乾かないからコインランドリーに通ってました。そんなストレスからも解放され、日々の暮らしがぐっと快適に。すぐ隣に住む両親からも「よか家の建ったね」とほめられました。

●雲仙市 Iさん

 うちはいわゆる二世帯住宅。1階と2階にそれぞれの世帯のキッチンがあるんですけど、ご飯はみんなで集まって1階のダイニングで食べることがほとんど。キッチンも1階の方が広くて、母と奥さん、2人が一緒に並んで料理をしていてもラクラクみたいです。

 お互いが快適に暮らすためにプライベート空間はしっかり確保。母の部屋の化粧机には「女優ミラーつけましょう」という草野さんの提案で、ちょっと遊んじゃいました。もちろん母もお気に入りです。クローゼットや収納の壁紙も好みのものをたくさん選ばせてもらいました。開けた時にちょっと楽しい気分になってます。

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅の2世帯住宅
諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅の家族団欒

 うちが建つのは祖父が暮らしていた場所。その思い出も一緒に引き継ぎたくて、古い家の解体からお世話になりました。

 印象に残っているのは「家を建ててからの方がずっと長い付き合いになる」という草野さんの言葉。住みはじめてから、そのことを実感しています。定期的に点検に来てくださるし、ちょっとした家の困りごとにも「よかっすよ~」と気持ちよく対応してくれて。草野さんの奥さんとも、子育てのことや地元のサッカーチームの話などでいつも盛り上がっています。うちの子たちも草野さんのファンです。これからも家族ぐるみのお付き合いをお願いします!

●諫早市 Aさん

 モデルハウスで打合せをしていたら、「うちも見に来ますか?」と草野さんの家に招待してくれました。「初対面なのに、いいの?」と思いながらもおじゃまさせてもらうことに。「仕事で家を建てている」っていうよりも、「好き」って感じが何よりも伝わってきて。ここなら絶対に信用できると思ってお願いしました。

 コロナ禍で友だちを家に招くことがなかなかできませんが、SNSに家の写真をアップすると反響がすごい!「おしゃれだね」「どこで建てたと?」とほめられると、うれしくなっちゃいますね。

諫早市の工務店スマイフルホームで新築した長崎の注文住宅の家

●諫早市 Kさん