諫早市で無垢のキッチンが似合う家づくりはスマイフルホームへ

作品・インタビュー

Vol.3  M様 - Olive -

かわいい三姉妹の成長を

温かく見守り、はぐくむお家。

 のどかな風景が広がる諫早市森山町。明るい太陽と青い空がよく似合う、ナチュラルカントリーの白壁と鮮やかなカラーリングの瓦がひときわ目を引きます。ここはかわいい三姉妹が暮らすお家。時々ケンカもするけれど、ひとりは何だかさびしいからすぐ仲直り。今日もお家の中からは、にぎやかな声が聞こえてきます。「この家には、家族みんなが仲良くなれる仕掛けがいっぱいなんです」。子どもたちが遊ぶ姿をうれしそうに眺めながら、奥さまもにこにこ。

 その1つが吹き抜けのあるリビング。高窓が光をたくさん取り込んでくれるから、昼間は電気いらず。ぽかぽかと、まるで陽だまりのように温かく、家族が自然とここに集まってきます。子どもたちのお気に入りはリビングの中に設けた階段。ここに3人並んでちょこんと腰掛け、無垢の床の温もりを楽しみながら仲良く絵本を広げます。「一番下が少し広くなっているんです。イス代わりにもなるし、階段が遊び場になるなんて思いもしませんでした」と、スマイフルホームのアイデアにご夫婦そろってご満悦の様子。さらに「2階に子どもたちの部屋があるんですけど、リビングを通らないと行けないようにしたんです」と、こっそり教えてくれたのはご主人。それは将来を考えてのこと。「思春期になったらちょっと会話が減っちゃうのかな…。でも、毎日元気そうな顔が見られたらいいか」。ちょっぴりさびしい心配事かもしれません。でもきっと、仲良し三姉妹はパパと遊んだ幼いころの記憶を思い出しながら、少しずつ大人の階段を上っていくことでしょう。

 そして三姉妹ならではの工夫が、洗面スペースと脱衣スペースを別にすること。「パパがお風呂に入っていても関係なく、顔を洗ったりハミガキしたりできるように」。3人並んで使えるよう、広めにしつらえてあります。女の子がいるご家庭は必見!のアイデアです。

 スムーズに家事がはかどることも、心地よく暮らすうえでの大切なポイント。共働きの奥さまのために、キッチンに隣接してお風呂やトイレなどの水周りを1か所にレイアウト。さらに作業スペースが広いL字型のキッチンのおかげで、動線もスムーズに。そして奥さまにはひそかに楽しみにしていることがあります。「いつか4人でキッチンに並んで、パパにおいしいご飯をつくろうね」。

Photo Gallery