top of page

長崎で新築・注文住宅・建替えを考えるならスマイフルホームへ

諫早市多良見町B様邸|配管工事は正確さが大事!

こんにちは(^_^)v


スマイフルホームの芳山です!


諫早市多良見町B様邸の現場の様子を載せていきます!


B様邸では、無事に上棟が完了し、工事が次々に進んでおります。


大工工事はもちろん、外壁工事や電気工事など、家の中も外も大忙しです(;゚Д゚)


中でも、上下水道に関係する配管工事は、正確性を求められる作業になります。



まだ、天井が張られていなくて、断熱材の吹き付けも行われていない段階で、配管をする必要があります。


配管が必要な部分は床下や1階天井裏、壁の中など様々です。


実は、基礎の中にはすでに配管が通っており、これは家の土台を作る前には、工事が完了しています!


水道屋さんは、基礎工事の時から最後の水道の引き込みまでの、ほぼ最初から最後まで工事の担当があります。


かなり根気のいる作業ですね(;・∀・)


そうして現在は、家の中の配管工事が進んでいます。


この時点で配管を必要とする器具の取り付け位置が決まります。


例えば、

「1階のトイレはPanasonicのアラウーノが、トイレ室の奥の壁から5cmほど離れた場所の中心に取り付けられる。」

といったように、正確に位置を出していきます。


そうして取り付け位置が決まると、器具に配管を接続するために、配管を立ち上げるための穴を床に開けないといけません!


この作業は少しのずれもなく行う必要があるため、配管工事の中でも大事な作業工程になります(>_<)


水道屋さんの腕の見せ所というわけですね!


スマイフルホームでは、配管工事の前にスタッフが現場に行き、直接水道屋さんと打ち合わせをすることで、正確な工事を実現させています。


業者さんとのこまめな打ち合わせが大切ですね!


大工工事のほうでは、天井を張るための下地を入れる作業が進んでいます。



断熱材の吹き付けが行われると、外壁側の壁の作業がしにくくなるため、今のうちに作業を進める必要があります。


断熱効果を高めるために、隙間なく断熱材を重点しなければならないので、できる作業は吹き付け前に終わらせることで、充填率を高めることができます!


後から、断熱材を削って作業をすると、隙間ができてしまう可能性があるので、いま終わらせるほうが安心ですね(*^^*)


また、柱と柱の間の間柱がまだはまっておらず、部屋割りがイメージしにくいですが、これから徐々に形になっていくのが楽しみですね!


外壁工事も着々と進んでいるので、外観が完成するのも遅くはないと思います!



外壁が完成すると、家の外観がガラリと変わってくると思います。


完成がとても楽しみですね!


また、工事の進捗を記事に載せていきたいと思います(^_^)/


 

<SMiFUL トリビア>


『断熱材』

・断熱材にはいろいろな種類がありますが、スマイフルホームで取り扱っているものは「発泡ウレタン断熱材」になります。

名前の通り、液体状のウレタンを壁や天井に吹き付けることで、モコモコと膨らんでくる断熱材になります。

現場で直接発泡させるため、すきま無く断熱材を充填することができます。

すきまが無いということは、湿気などの侵入を防ぐことができるため、結露による柱などの腐食などを防ぐことができます。

また、断熱材の外部はアルミシートですっぽりと覆うことで太陽の熱を遮断します。

これにより、夏の強い日差しによる熱気を抑えることができます。

断熱について、難しく思われる方も少なくないと思います。

ぜひ、断熱にこだわるスマイフルホームにご相談ください(*^^*)



댓글


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • スマイフルホームのInstagram
  • スマイフルホームのFacebock