top of page

長崎で新築・注文住宅・建替えを考えるならスマイフルホームへ

諫早市多良見町B様邸|電気配線工事も順調です!

こんにちは(^^)v


スマイフルホームの芳山です!


諫早市多良見町B様邸の現場の様子を載せていきます!


B様邸では、電気配線工事が順調に進んでいます。




電気配線図という、スイッチや照明の場所を記した図面を元に、それぞれの配線を行っていきます。


基本的に、配線は天井裏で行います。


天井が貼られる前だからこそ、自由に配線や変更ができるため、このタイミングで入念な打ち合わせを行うことが大切です!


そのため、スタッフと電気屋さんとの打ち合わせをした後に、お施主様にも現場に来ていただいて打ち合わせを行います。


さらに、それを踏まえて、もう一度電気屋さんと打ち合わせを行うことで、確実な電気配線を実現します(^^ゞ


電気配線は、無数の電気の線を間違えがないようにまとめる作業になります。



スイッチと照明だけでなく、各部屋のコンセントやインターホンなどもあるため、それらをまとめ上げるのがプロ仕事です!


また、スイッチと一口に言っても、その種類は様々です。


各部屋の照明のように、入り口付近の1カ所でON/OFFするのを「片切スイッチ」と呼びます。


廊下などの照明のように、2カ所からON/OFFできるのを「3路スイッチ」と呼びます。


この2つの違いでも、配線の仕方や、スイッチ自体の種類も変わってくるため、細部まで神経を使う作業になります。


想像しただけで頭がごちゃごちゃになってしまいます(?_?)


B様邸でも、順調に配線工事が進んでいるので、実際に電気が引き込まれるのが楽しみですね!


外壁工事も問題なく進んでおり、最大の特徴でもあるバルコニーもかなり形になってきました。



十分な広さのバルコニーは、プールや外でのバーベーキューなど様々な用途でお使いになれるかと思います!


外観の完成が楽しみですね!


これからどんどん工事が進んでいく、B様邸の様子をまた記事に載せていきたいと思います(^^)/


 

<SMiFUL トリビア>


『ベランダ・バルコニー』

・ベランダとは、2階以上の高さで、屋根のある半屋外のことを指します。

似たような言葉に「バルコニー」がありますが、バルコニーは屋根のないベランダのことになります。

ベランダやバルコニーに憧れをもたれる方も多いかと思います。(筆者もその一人です^^)

今回は簡単に両者の特徴をまとめてみたいと思います。

考えるご参考になればと思います(*^_^*)


「ベランダ」

・半屋外として、小雨程度は気にならない。

・屋根があるため、壁や床を長持ちさせられる。

・外観も家の一部として、すっきりした見た目になる。


「バルコニー」

・屋根がないことで、天体観測などがしやすくなり、バルコニーからの見晴らしがよくなる。

・開放感があり、よりアウトドア感を感じることができる。

・屋外のような利用もでき、用途や遊びの幅が広がる。



コメント


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • スマイフルホームのInstagram
  • スマイフルホームのFacebock